通販とダイエットの歴史

通販とダイエットの歴史

ダイエットグッズを通販で購入する人が増えていますが、元来はカタログによるものだったようです。

 

農業に就いていた人にカタログを介して商売をした19世紀アメリカが発祥であると言われています。

 

19世紀の末にはシアーズ等の大手カタログ販売業者が設立されました。

 

現在の通信販売の基礎となるカタログ販売が本格的に広まったそうです。

 

アメリカのトウモロコシが日本で通販の形で販売された1876年から約100年後の1970年代、テレビやラジオでの通信販売番組が盛んに作られ、日本での利用者数も増えました。

 

ネットの普及率が高くなり、個別配送のシステムが定着したことから、どんどん通販も便利に使いやすくなりました。

 

一方、ダイエットはどのような形で広まったのでしょうか。

 

始まりは18世紀末のアメリカで、中流の人たちにも十分な食事が行き渡った頃からのようです。高カロリー食による肥満体型が増えたことから、アメリカではダイエットが流行として広まりました。

 

ダイエットブームに乗るようにダイエットの器具や食品を扱う企業が増え、肥満に対する否定的な意見も定着します。

 

肥満体型はいいものではないという考え方が1890年代のアメリカではごく一般的になり、消費に対して否定的な見解を唱えることも第一次大戦中に広まりました。

 

肥満体型になることで他人から蔑まれることを恐れ、ダイエットをする人も少なくないようです。

 

医療保障制度が日本と違うアメリカでは医療費が高い為、健康への意識が高いといえます。

 

医者にかかる機会を減らすため、ダイエットだけでなく健康食品も通販で購入し健康維持にとりくんでいるのです。

最新記事

inserted by FC2 system