お腹の引き締め対策

お腹の引き締め対策

お腹の引き締め対策について調べてみました。

 

基礎代謝の活発な体質になることが、男性のお腹引き締めの早道といえます。

 

基礎代謝とは、運動をしていない状態でも消費しているエネルギー量です。

 

個人差や年齢差が多く、一番多いのは十代後半となります。

 

食べる量が同じでも中高年になるにつれ中年太りの原因となり、お腹の引き締め対策が必要になってくるのです。

 

思春期の女性は女性ホルモンの分泌が盛んになり、体型に女性らしい丸みが出てきます。

 

その時に皮下脂肪が溜まりやすくなり、太りやすくなります。

 

また、出産や妊娠を機に脂肪がつきやすくもなります。

 

更年期後の女性は筋肉が作られにくくなります。

 

これまで筋肉を作るために消費されていたエネルギーが脂肪になるという結果になります。

 

男性より女性の方が太りやすい体になるため、一層お腹の引き締めを心がけなければなりません。

 

内臓脂肪は、皮下脂肪よりは燃焼させやすく引き締めやすいという特性があります。

 

腸間膜には多くの血管があり中性脂肪を分解する酵素やホルモンが脂肪細胞内に取込まれやすい為、脂肪も分解されやすいそうです。

 

適切な有酸素運動をすることによって、内臓脂肪はエネルギーとして使われるために分解され、遊離脂肪酸として血中に流れ込んでいきます。

 

一定時間以上有酸素運動がお腹の引き締めには効果的です。

 

ウォーキングやジョギングなど、毎日の習慣に組み入れてみましよう。

最新記事

inserted by FC2 system